2013/08/30

Boom Town①

よくブログ見てるけど日本語だからわかんなーい!英語でも書いてよって
よくいわれるので、英語で書こうと思うんやけど、
そうなるとよけい時間かかるからなーと思ってなかなか書かれへん。
しかも英語で書くってなるとイギリスの愚痴言われへんくなるやんw

そんな事はさておき、みんながポチポチしてくれたおかげで
こないだの記事アップした後、グンーーー!!!っとワーホリブログランキング1位に
なれましたー。ありがたやーーーーーありがたやーーーーー。
こんな別に何の情報も得られへんブログに投票してもらって。。。

せっかくなんで今回の記事は、こんなブログを読んでくれている方々に恩返しが
できるよう、イギリスやワーホリの情報の詰まったブログにしようと
思って考えたら一つもネタ思い浮かばなかったので、 やっぱりいつも通りの
記事にしてみます。w

BOOM TOWNの写真まだ全然載せてなかってので
大量に撮った写真を2回に分けて載せます♡
あーーーーまじで変な人ばっかりで楽しいフェスティバルでした。
私はキャンプ大っきらいやし、そこまでしてバンドも見たくないし
パーティーにも行きたくないって人やけど、ほんっまに楽しかった!

なんせこの4日間のためにBOOM TOWNって架空の町をそのまま
作ってしまうねんでーー!すごくない?
キャッチコピーは“The UK's Maddest City”
乗り物やお店、出店もいっぱいで、怪しいアミューズメントパークって感じ かな。
どんどん人気になってきてるフェスティバルらしい。
実際今年は去年の2倍以上の人数がきたらしいよ。

 それに他のフェスティバルではキャンプサイドからステージまでがけっこう離れてるって
感じらしいねんけど、ここはテント出たらそこが町になってる。
一番遠いステージまでも徒歩数分でいけるよ!

では、まず、今年のトレーラーを見てみてーーー!
今年のハイライト映像。



中はそれぞれチャイナタウンや、キッズタウン、オールドタウン、
メイフェアなど雰囲気の異なる町に分かれていて、
十数箇所のステージが散りばめられてて基本的に24時間ずーっとパーティー
してる感じ。でも朝方には音楽やお店はストップしてたかな。

とにかくパーティーは木曜の夜からやってんけど、
みんなテンションあがりすぎて朝一で行くとか言い出した。
私からすれば、いや、ほんまになんで???って思ったし
なんやったらできるだけ並ばんでいいように遅らせていきたいくらいやったから
最後の最後までゴネてんけど、Jamesと私の説得の甲斐もなく、
みんな朝一行くと、、、私ら車ないので、乗せてってもらう身分の私らは
何とも言えず、、、。。。 

6時半に集合して会場着いたら、もう人多くて入るだけで2時間以上待たされたし!
っていうか、さすがオーガナイズ力の一切ない国、イギリス。
列大好きイギリス!
(ちなみにイギリス人は生涯の5%の時間を列を作って何かを待つ事に
費やしてるという調査結果があるらしい。ほんまに要領悪いもん、みんな。
日本人ならぶち切れやで、、、)

ゲートでは荷物検査があります。
お酒は持ち込み可能ですが、持ち込み制限があって、
一人当たりビールなら16缶まで(しかも大きい方の缶!)とワイン1本くらいなら
OKやったと思う。ウォッカやジンとかのスピリッツは禁止ってことやねんけど、
量的に十分やーん、、、、と思っても、酒飲みイギリス人がこれで大丈夫のはずもなく
みんな試行錯誤してお酒を持ち込む方法を考えるのです。
マウスウォッシュのボトルに入れたり、
食パンくりぬいてボトル入れたり・・・w

警察、警察犬もゲートはもちろん会場内にもうろうろいるので
けっこう厳しいといえるかも。
でも荷物チェックをがっちりされるのは
10人に一人くらいの割合かなー。



でさんざん待たされてみんなとうちゃーく!



超感動。なぜなら私と写ってるSTIVIEが前日に来てて私たちのテントをもうたてて
くれてたのです!なんとええ奴。
ちなみにでかいツノも持て行ったけど結局私は
ミニバージョンしか使わず。。。でかいの安定感ゼロやねん。


このツノ、ほんまにびっくりするくらい評判よくて
色んな人に話しかけられたり、ツノ掴まれたり作った甲斐ありました。







用意していざ! でもまだ準備中のステージが多くて
自然に人が集まってた良さげだったフォレストへーーーー!





みんなフレンドリーすぎるくらいフレンドリーやねんけど、
この下の美人二人はなぜか私とJamesの事をやたら気に入ってくれて
数日後も一緒にあそんでましたー。まだ18歳らしい。こわ



ほんで発見!HEELSはJamesの名字でやねんけど、
『DIRTY HEELS』ってタンクトップを着た女の子ぉーーーー!
Dirtyは英語でヤラしいとかって意味があるので、
このタンクトップ見つけた瞬間、私がめっちゃ笑って女の子に声かけたら
Jamesが後ろから『初めまして、私がDIRTY HEELSです』って自己紹介でしてた。w
女の子、、、ぽかーーーんてしてたけどw



そしてそしてAIALAとLUKEに再会!
いつも通り(ほんまにいつも通り)AIALAが
バスに乗り遅れたせいで大遅刻で到着したらしい。相変わらずやわ、、ほんま。










夜は更けていき、一日目は言ってもプレっぽい感じらしくて
本格的には金曜日から! 昼前に起きてコーヒーで一服。
カフェやレストラン、出店の種類は多くて、もし食べ物大量に持っていかなくても
食いつなげる感じやったよー。私らはカップラーメン持参したけど。


奇抜なフェアリー発見。この二人いっつもおもろい
AMYと TASHA! 

それに囲まれる、Jamesさん


お昼からいろんなイベントやパーティーはしてるんやけど、
明るいうちに町探索。 見てみてー床屋でひげ沿ってる!優雅!


ヨガクラスなんかもあるよー





この町を抜けた先いはLION DENというレゲエやダブばっかやってる
どでかいステージがある。有名な人もたくさんきてたみたいー
よく知らんけどw 




この休憩コーナーすっきーーーやーーーー


このつり下がってる卵はレザーでできてて
中にはスピーカがついてるらしい。



こんなのはっけーーーん。 ハーブ床屋やってー
本物の草でウィッグ作ってる。あんまコンセプト分からんw


そして私らの周りで一番クレージーであろうNINAに遭遇。
NINAは双子で顔いっしょの妹??がおるねんけど、どっちか分からんくなった時には
裸の方が妹で、全裸の方がNINAって見分けるようにしてるよ。
このフェスティバルでも案の定全裸なってた!w






もちろNINAとその一味は床屋の中はいって行くよね。


そして子供脅かす。っていうかほんまに変な動物見る目で見られてた。w
そんで逃げられたw
こんなお姉ちゃんになったらダメだよーーーーw


いろんなところに植毛(植草w)してみたけど


みんなの予想通りのところで落ち着くw


その後『SKA'N'SKA』のライブーーーー!











大盛り上がりすぎて、怪我しそうやった・・・・。



下の写真のポリスメンたちは偽もので
スピーカー付きのパトカーでBOOM TOWN中を回ってるよー



とそこの前でこのカップルに遭遇!!!!wwww
なんじゃこらーーーー!AIALAとLUKE意味分からん!w

この後、私らは私らでド派手な格好に着替えるために一旦テントへー!

ほんっまにやで、ほんまに嘘じゃないねんけど、
別に衣装合わせたわけちゃうねん!w でもまさかのばっちり!



つづく。。。。。

応援のワンクリック、お手数ですがお願いしますー♡

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...