2013/05/31

Trip To Ghana ガーナへ行って来たの巻②

Jamesの会社の人がたまたまAccraから私たちの次の目的地まで
行くって事で、その車に私たちも乗っかって移動のはずが、
まさかの前日キャンセルーーー。仕事の都合で。
ってことでどうしまひょ、、、、ってなったら
じゃあ俺運転するわ、会社の車借りよう〜〜ってアンタ大丈夫?!Jamesさんよ。

4〜5時間の道のり、ただ外国ってだけじゃなく、ここガーナ!
道っていうても、同車線やのに向かいから車きたりルールなんて
あってないようなもんやし、道もボッコボコやし、
ガードレールとかもないし、なんせイギリスと逆の左ハンドルやし、、、

っておもてたけど、なんなくイケタ。James何故かめっちゃ普通。
めっちゃ右ハンドルのクセ出まくってたけど、何故か無意味に余裕。
私的にはこのドライブそうとうアドベンチャーやった!w



日本やUKでは見ない光景ばっかり。




まず、みんな頭に乗せるよねー








運ぶものは基本頭の上へ。
この写真全部車の中から撮ったものやねんけど、
ほんまはもっともっと大きい荷物頭に乗せてる人ばっかりやってん。

ガーナの女の人はすっごいオシャレで、複雑に編み込んだ髪の毛に
アフリカ独特の柄のドレスを柄on柄で着てて、ターバン巻いてたり、
色使いも本当にきれくて、そこに大きな荷物頭に乗せて悠々と歩いてる姿とか、
しびれるくらいかっこ良くて、ほんまに5秒に1回くらい、
『あ!写真撮りたい』って思ってんけど、よくよく考えたら
自分がでっかい荷物はこんでる暑い日に、変な外国人が近づいてきて
カメラ向けられたらイラーっとするやろうな、、、と思うとなかなか写真撮れずやった。
かと言って『写真撮っていい??』ってきくと恥ずかしがってとらして
もらわれへんかってん。だからといって車の中から激写もたいがい失礼やねんけど、、。
でもほんまに頭に机とか木とかパンとかモーターとか
そういう色んなもの乗せてて、しかもかなり効率的やん、それって。
どうしても写真に収めたかったねんー。次行った時はズームレンズ持っていって
自然に激写させてもらお。

そうそう、道歩いてる人がめっちゃでかい荷物を平然とみんな頭に乗せてるから
ま、、もちろん私も試すやん?w 『なあなあ、ちょっとその荷物私の頭に
乗せてみてくれへん??』って頼んだら、まあもともとでかいガーナ人の目、
もっと丸くなって驚いてたけど、乗せてくれたw 
やっぱり全然肩とか手で持つより軽いし、楽チン! じゃあなんで
アジアとか欧米では頭に乗せて荷物運ぶ週間ないんやろうな。
逆にそっちの方が不思議よな。 ガーナ人、普通にスーツケースも
頭に乗せてたからな。w ウィール絶対いらんやんw

で、この日の目的地に行くまでに山道通るねんけど、
山ではこんな光景がちょくちょく。


ぶれすぎてて見えへん???w 山で穫ってきたケモノを売る人。
この人が持ってるのは多分ビーバーとねずみかウサギ。
新鮮やけどーーーー。でもこのライフイズシンプルなこの感じ、嫌いじゃない。
ってかこれ、通る車に向けて売ってるねんけど、
車の人もドライブスルー感覚で、死んだままの動物をホイっと買っていくんやろかー?!
いや、買って行くんやろな。すごいよな、よく考えると。

で、この山道をずーーーーっと走ってると数キロごとくらいに小さい村が
ポツポツとあって、その人達の生活も車の中からやけど、見れて
なんか世界の車窓から気分やった。ほんま想像通りのアフリカの村やねん。
小さい子供たちがみんなで遊んでて、大人たちものんびりーとしてて、
世界ウルルン滞在記ででてくるような村というか。

うん??????うううううううンンンンン・・・????!

何か聞こえる。こんな原始的な村からズンズンズンズン爆音が聞こえる。
アフリカンミュージックとはいえあっきらかにクラブ的なサウンド!?
 え、、、何コレ。。。。

って思ってたら、予想通り!水道も通ってないような村のど真ん中に
人が集まってて、前にはその辺のクラブ顔負けの数メートルの高さのある
巨大スピーカー! 前では大人も子供も踊ってるーーーーーー!
何事!?   ってこういう光景片道だけでも5回程みた!

実はこれ、ガーナのお葬式らしい!ガーナで一番のパーティーは
お葬式なんだって!!最後のグッバイやから盛大にやるんだってさ。
なんていう良い文化! もちろん私とJamesも超参加したかったし
普通なら参加してたけど、外国人なんか来た事もないような小さな村やし
いかんせんなんと言ってもお葬式やし、勝手に参加していいものなのかも
分からず、ヨダレ垂らして外から見てましたw いいなーいいなー楽しそう!
(同じ理由で写真も撮れず。。。)

あ、そういえばちょっと車こんでる時あって前見てびっくり!


生きたままのヤギももはや、荷物扱い、、、 足場なんてもちろんないので
ヤギ立ってるだけで精一杯っぽくて可哀想やった、、、、

目的地につく前に雲行きが怪しくなってきて、ストームがきた!
しかもその時もう外も真っ暗で、ほんっまに怖かってん。横は水路みたいになってて
そこにハマったら終わりやし、道路も道なき道で全くどっちが前か後ろかも
分からんようなところやし、街頭なんてないし、雨でまったく前見えず。。。。
それでもGOOGLE MAPだけは正しく作動して、道なき道でもちゃんと
目的地にあるJAMESの会社の家までたどり着きました。
ほんまに死ぬと思った。。。。 その時運転してるJAMES見たら
『ファーーーーーーーック!!!』とかいっときながら、内心楽しんどんねん。
めっちゃウキウキしとんねんw。『ははーん、君楽しんでるね・・・』って言ったら
笑っとん。まあ一緒にパニックなれへんだけ頼もしいけどな。

そんなこんなの一生忘れる事のないドライブでした!GOOGLE MAPとGPSだけには
足向けて寝られへん!

続く。。。

応援のワンクリックお願いします♡



2013/05/29

Trip to Ghana ガーナに行ってきたの巻①

もう一週間前になりますがガーナから帰ってきました!
みんなにどうって聞かれるねんけど、、、、、、

ほんま今まで行ったどこの国とも全く違う!

初めてのアフリカやったんやけど、色んな人の話を聞いてみると
まあ当たり前といっちゃあ当たり前やねんけど、
ガーナは他のアフリカの国ともけっこう違うみたい。

そりゃあそうやねん、だってみんなこっちの人は中国もタイも日本も“アジア”一括りで
同じやと思ってるけど、実際全く違うやん?! ガーナもケニアやナイジェリアとか
他のアフリカの国とはまた全然違うみたい。

そんな事を知る前の私のアフリカのイメージは・・・・
貧乏な国=ストリートチルドレン=不幸っていう
まあ言葉にしてみたらかなりの偏見に聞こえるかもやけど、
ざっくりとこんなイメージを持ってました。
昔教科書で見たような、飢餓でお腹膨らんだ黒人の子供のイメージがどうしても
頭にあったんやけど、ガーナ、ホームレスもストリートチルドレンもいないよ!
それが一番の驚きかな。

日本でもホームレスたくさんおるし、子供のホームレスこそそんな見ないけど、
イギリスなんか5mおきくらいに道ばたで寝てる人おる。
私が行った国の中やったらカンボジアなんか、まだ発展途上国で
まあまあ貧しい国やねんけど、やっぱそういうとこには
子供も大人も赤ちゃんも一家丸ごとホームレス、、、なんていうのもけっこう見た。

で、ガーナは今まで行った国のなかで、一番原始的な国やったし、
でも原始的やからこそ、コミュニティーの文化がしっかりと根付いてて
助け合いとかそういうの、まだしっかりとあるんやろうなーって感じたよ。

みんなめっちゃ近づいてきたり話しかけて来たりするから、
あーなんか売りつけようとしてるな、、、とかそういう風に思ってしまってたけど
ほんまに異常にフレンドリーなだけやったw

(かといってもちろん悪い人もいるし、実際ぼったくろうとしてきた人も
いるので、もしガーナに旅行に行く際は、誰にでもついていったりは
しないように!!w 私らはほんまに誰にでもついていったけど、
運良くみんないい人だった!)

って事であんまり写真撮ってないねんけど、ちょくちょく記録していきたいと思います。

まず一日目首都のAccraに着いたのは早朝でした。



宿泊先までの道のガソスタで、フルーツを買う事に。
ガソスタで買うっていったらコンビニあるんかなー?って思うやんー。
ちゃうで、あるはずないで。でも全然こっちの方が楽しい!!!!!



マンゴー4つ、パイナップル1つ、メロン1つ、オレンジ5つ
こんくらい買って800円くらいかな。ほんま安いよなーフルーツ。
日本やったらマンゴー1つで数百円するよな。

このマンゴー、、、、、
今まで産まれてきて食べた全てのフルーツの中で一番、一番、一番美味しかった!
これ一つ2千円くらいとれる、日本やったら!!ってくらいほんっまに美味しい!
パイナップルも缶に入ってるパインくらい甘い!





で、ちょっと寝てから、お昼ご飯食べに。。。
私ら普通のあっちのアパートに泊まってたんやけど、昼ご飯は
一番始めの食事ってこともあったので、一番ポッシュなホテルの
いいもん食べにいこーとw 






そしてその後、Accraで一番大きいマーケットに。
お土産系の売ってるマーケットやったから、さすがに
みんなぼったくろうとしてきたけど、ちょっと話したらすぐ仕事忘れて
みんな逆に色々教えてくれた。
今(私の行った時)はフェスティバルの期間中で、音楽かけるのが禁止やねんって。
ん????んんんん????

フェスティバル無い時はいつもどこでもそこら中で
アフリカンミュージック爆音でかかってるらしいねんけど、
フェスティバルの時は音楽禁止って、、、、、逆やからな。概念さらっと覆されるわ。

マーケットのすぐ裏側では普通に民家がいっぱい並んでるねんけど、
ほんま首都っていっても小さな村みたいで、マーケットで出会ったガーナ人の人らが
奥へ奥へ連れてってくれて、『ちょっとこれ危ないんちゃん。
家とか連れて行かれてお金とられんちゃん』っておもったら
またしても、ほんまにただフレンドリーなだけやったw 疑ってごめんw

そして、ガーナの子供たちのかわいさよ、、、、、、


ドレス着たこの女の子にいたっては、私の手握ってきて、
そっから私の手めっちゃこすってたw 多分黒人しか見た事なかったんかな??
私の肌の色が珍しかったみたい。 ほんっまにかわいーんやから!





遺伝なのか、環境なのか、多分両方やけど、
日本人の子供ってシャイやん? ガーナの子供、めっちゃ人懐っこい!
カンボジアの時みたいにお金ねだって来る事もない!
撮った写真をカメラのスクリーンで見せて上げたら跳ねながら喜んでた!w

夜はガーナ在住のJamesの知り合いの人達と素敵なレストランで食事。
フランス領事館の中??近く??にあるらしく
モダンなレストランで、ライブとかあったよー。



一緒にこの日ご飯食べてた人が、他の人からお土産でもらってたチーズを
このレストランから次のバーに移動するタクシーの中に忘れてしまって、、、
ガーナではチーズの種類が少ないらしく、お土産もらった時びっくりするぐらい
喜んでただけに、忘れた時はほんっまにほんまにショックうけてはったw

で、10分後、タクシーの運転手さんわざわざバーに私に帰ってきてくれた!!!
ほんま日本ではまあ、まあ、ありえる話っちゃありえる話やけど、
ほんま他の国でこんな事あるって思わんかったから感動!!!!いいねー暖かい。


次の日はAccraから1時間半くらい行ったところにあるボタニックガーデンに。

っつっても、、、、、ただの自然!!!w














そしてボタニックガーデンで食べるランチは、普通にガーナ料理!
こんなんが一番美味しいねんなー。


行き道はタクシーで来てんけど、まあもちろん安いし、
タクシーで帰っても良かったんやけど、ま、公共の交通機関で帰ってもよってなった。
でもこっちのバス、、、、、トロトロっていうねんけど、、、、
バスっていうより、、ただの人のバン!w
行き道も書いてないし、どれがトロトロでどれがただの普通の人のバンの
見分けあんまつけへんw 山の真ん中みたいなところにおってんけど、
たまたま歩いてたガーナの人もAccra に帰るつもりやったらしく、
その人について乗ってみたー!!!

そしたら途中で、制服姿のキッズが!


多分8歳かそれ以下やと思うんやけどー、
横に座っただけでも、普通にちょっと照れながら話しかけてくるーかわい。
そしてこれガーナ人あるあるやねんけど、20秒くらい話しただけで、
『電話番号教えて』とか『メアド教えて』とかいってくる!
ただ挨拶かわしただけやのにやでw この子も会ってすぐJamesに
『Facebookしてる??メアド教えてー』やってw
これもこれでコミュニティー文化の一環なんかな???

後でガーナ住んでる人に聞いたら
ガーナの人に電話番号教えたら『げんきーーー?』ってだけの
全然用件ない電話かかってくるらしいw 

次の日はTakoradiってところに移動したよーー!
次回に続くーーーーー!


応援のワンクリックよろしくお願いします!!!

2013/05/14

Quick Picnic @ Pavilion Garden

こないだの月曜日は祝日やったんやけど、
Jamesがこの日からイタリア出張という事で、お昼5時くらいには
Brightonでないとあかんし、起きたの昼過ぎやし、、、、
でもここはBrighton。10分歩けば、ビーチも公園も
パビリオンもある!そして太陽が出てたら、必ずといっていいほど
みんな外で日光浴してる!オープンテラスのあるカフェやパブなんて
人で溢れかえってるもん。 この日も朝起きて友達に電話したら
みんな公園やビーチなんかで飲んだりご飯食べたりしてるみたいやってんけど、
私らはJamesの親友がひなたぼっこしてたパビリオンガーデンに行ってきました。

この日ほんといい天気!






パビリオンガーデンはBrightonのシンボル的なところで、家から10分くらい。
私の職場から徒歩3分くらいです。

下のインスタグラムの写真2枚は、この日じゃなくて仕事のお昼休憩中に
撮ったやつやねんけど、平日でもいっぱい人おる!
みんな仕事のお昼休憩をここで過ごしたりすんねんーそういうのいいよね。



パビリオンにJamesの親友のSimonと彼女のRachel いたーーー!
ってかみんな真夏の格好ですやん。。。
ここベニスビーチちゃうで。せいぜい気温15度いったらええ方やで、この日。。



 



まじで日焼け止め塗ってた!w
温度はどうであれ、紫外線はあるから、日焼け止めは本来塗らないとあかんねんけど、
それにしてもポジティブ思考にもほどがある!全然寒いから!
私ヒートテックにファーのジャケットまだ着てるというのに、、、、




基本的にいい天気の時にしか写真撮ってへんから、みんなこのブログ見てる人は
イギリスまあまあ天気えーやんー思ってるやろ。
ほんまそんな事ないで。
だからこそ晴れたってだけでここまでみんなテンション上がってるねんw
こんなに晴れてるのに寒すぎて夏服着られへんことに最近イライラしてるからな。
まだ靴下3枚重ねやで、わたし。

ガーナ行く一番の楽しみは夏服着れる事やからなー!
ではいってきます〜〜〜♡

応援のワンクリックおねがいします!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...