2013/02/27

イギリスのお仕事・お金事情②

2章目書く前に、一応書いておきますが、物価や給料の話、
私の感じるまま書いてるし裏付けも取ってないので、ほんまに国とかが出してる
データとか平均年収とか、そういうので違ってるかも。だけど数字だけではない
こっちに“今”住んでる私のリアルな感じ方と意見です。

前回の記事でも書いた通り、低賃金・物価高・・・・のイギリス。
でもここに住んでるとそれがだんだん当たり前になってきて、
お金無い事もほんまに気にならんくなってくるのは不思議な感覚。
でも、一つ言えるのは、お金なくても希望さえあればたのしく生きれるんだよ、
人生って楽しんだもの勝ちなんだよ、っていう素敵なフィロソフィーを
一切持っていない私としては、お金なかったら心はまあまあ荒む!
ほんでな、これこそ私のフィロソフィーやねんけど、まじで何するにも
遅いってことはないし、何事も年齢は関係ないと思うねん。

だ・け・ど・・・・まっじで歳いってからの貧乏と
10代の貧乏は感じ方まったくちゃうでw 今私こっちでまだ日本で貯めてた
貯金も少し残ってるし(奇跡!!!絶対すぐなくなる思ってたw)
19歳の時のオーストラリア放浪時代より、まだお金ちょっと持ってる方やけど、
不安感の違いに自分でも驚いてるもんな。8年9年たった今、漠然とした不安感って
これは人間の本能なんでしょうか?

なんで、私は絶対に若いうちに外国いっぱいいっていっぱい貧乏すればいいと思うわー
歳いってからやとまあまあきついし、誰かが言ったみたいに苦労は買ってまでは
せんでもええけど、向かってくる苦労を鼻先で笑ってかわすぐらいの
身の軽さっていうのは若いうちに身につけなあかんと思う。

ってそんな事はどっちでもいいねんけど、物価がどうやろうが、給料がどうやろうが
生活するにはどこの国におっても仕事が必要になってくるわけです。
本題に入るけど、じゃあイギリスでの職探し、どうすればいいかって事。
インターネットサイトで求人している会社や店を探して
CVを添付して送るって言うのが基本なんですが、もちろん日本みたいに
全てぬ返事は返ってきませんよ。どんなに素敵なCVであろうが
カバーレターであろうが基本は返ってこんでも全然普通と思った方がいいかも。
というのも、メールなんて丁寧に一つ一つ見てへんからな、こっち。
(日本みたいに履歴書受け取りました・・・だけのメール送ってくる企業なんて
ま〜ま〜まずないね)

そのあとのバックアップコール!これけっこう重要みたい!
『昨日にCV送ったんですが見てもらえましたか???』って
マネージャーの人に直接直談判するべき!実際これは凄く効くようで
気まぐれにCVすら見てないくせに『あ、じゃあインタビュー来てみる?』なんて
パターン、何度か聞きました。

でももっと効果的なのは直接オフィスにCVを持って行くってやつ。
これ日本でやったら嫌われると思うけど、
そうでもせんと見てもらわれへんかったりすんねんな。

もしカフェ、レストラン、もしくはバーでの仕事を探してるなら
絶対に絶対に持っていかんと一切相手にしてもらわれへん。
それも持って行く時、マネージャーの人に直接渡すように。
バイトなんかに渡したら上司に届いてない事まあまああるし
全く募集すらしてないのに『あ、また人すぐ募集するかもだから
CVだけ預かっとくねー。ボスから連絡するように伝えるよ』とかいいながら
そのままゴミ箱へ、、、なんてざら。はじめは、その言葉、真に受けて
連絡待ってたけど、一切くるはずもなく。20件以上はCV配って・・・の話やで。
で、私の場合、最終的に今働いてるバーのマネージャーにたまたまCV持って行ったら
『じゃあトライアルシフト(試しで働いてみるシフト)入れるから
また連絡するよ』と言われ、もちろん電話なく、、、、、、
で後日もっかい行って『あのートライアルシフトいつ???』って聞いたら
『あーごめんごめん、忘れてた!てへぺろ!』って。
実際トライアルしてもらって現在に至る。
つまりあっちも連絡するんめんどくさかったり忘れてたりするんで、
こっちからガンガンいって、せかして、いかに面接かトライアルまでこぎ着けるかが
ポイントになってくるっていうわけです。

ちなみにロンドンは私が思うに、英語しゃべられへんでもガンガン応募しまくった方が
いいし、CVにはもちろん『Fluent English』つまり英語ぺらっぺらと書きましょう。
英語はなされへんから日本食レストランで。。。なんてナンセンス。
働いてる人間、ほとんど外国人でたいした英語ほんまにみんなしゃべられへんからw
そこは自信持って進んだもん勝ちやし、
まあ、そこが日本人には一番難しいところやねんけどな。。。
ち、な、み、に、、、、CVはネイティブの友達でそういうの得意な人に作ってもらう!
これに限るよ!

って結局アドバイスにはあんまりなってないねんけど、
こっちは日本で言う謙虚っていう姿勢はかなりマイナスに取られるし、
逆に自信過剰ちゃう?ていうくらい自信満々でいかないと相手にもしてもらえない。
嘘でもハッタリでも、自信満々に見せて、仕事さえゲットすれば
実際そこまで難しいウェイトレスとかバーの仕事なんてないもんやでー。
私なんかカクテル作り任せて!!なんて強がってたけど、
はじめジントニックが何からできてるか知らんかったからな。
働きだして、あージンとトニックね!ってなったもんw

でもほんまにみんなそんなんで、一緒にそこで働いてるバーテン歴2年くらいの
ジョン(イギリス人)にこないだ、『あそこのお客さんが
ブロッディーマリー作ってって言われたけど私忙しいから作ってー』って
頼んだら『ノープロブレム!!!!』って言って
その直後『インターーーーネーーーーーーット!』って叫びながら
スマホでどうやって作るかググってたからな。w
私も『ブロッディーマリーってあんまオーダーないから忘れるよね』とかなんとか
言ってたけど、日本やったらほんま客の前でカクテルの作り方ググってるバーテンとか
ほんま切れられるよなw (ちなみに私の働いてるとこはちょっと異常にテキトー過ぎるけど)

ま、でも私が言いたいのは、できへん事をできへんってほんまに言ってしまうよりも
いったん『できます』って言うてみよって事。そしたらほんまにできるのが
意外にほとんどやったりするから!

自信って大事よね。うんうん。

本題からずれすぎてるけど、そんな第2章でした。

ちなみに第3章はイギリスのファッションのお仕事・お金事情。

うんうん、まだ読みたいよって人はワンクリックお願いします。




キーワード;イギリス ワーホリ ワーキングホリデー 海外移住 ロンドン 仕事


イギリスのお仕事・お金事情①

ほんまに超気まぐれなブログやなーって思います。
まだアムス旅行の記事書いてない、、、w

前回ファッションブログ的な事書いたのに、今回はお仕事・お金事情。。。。
っていうのも、さっき他の人のワーホリブログ見てたら、色んな情報書いてて
私そういえばワーホリランキングに参加してるのに
何一つワーホリや海外生活的な情報書いてないなーと。

なので、今後ワーホリ来る人、海外移住する人、イギリスに興味ある人、
夢をぶっ壊す勢いで事実をここに書かせて頂こうかしら、、、と。


色々物により差はあるものの全体的に日本より何かと物価高いし、電車やバスの交通費、
タックスだってどんどん上がって行ってるのに、自分の肌で感じるのは
絶対みんな日本人の給料よりお金もらってないって事。
例えばバーやカフェでのバイトは最低賃金6ポンドが当たり前。
(現在レートでいうと840円)そこから20%強の所得税が引かれます
つまりざっと計算して670円程度! 時給約670円で大の大人が働いてるわけ。
(※タックスはちゃんと申請すれば返ってくるらしいけどね・・・そのへん曖昧)

ちなみにす〜〜〜〜ごく有名でハリウッドの名だたるスターやモデルが訪れる
多分ロンドンで一番有名な会員制のバーのバーテンダーの時給は最低賃金。
ま、それが常識的な。
ちなみに驚くなかれ! ほぼ100%の可能性で交通費は支給されません。
つまり往復の交通費は自分持ち! そらみんなお金ないわ・・・・
(イギリス人も含め・・・)
ただフォローをさせて頂くと、チップの存在がでかいのよね。あとサービスチャージ。
サービスチャージは自動的にお会計に含まれてるので(だいたい飲食代金の10%)、
それをスタッフ全員で分けてもらえるところは、けっこうそれだけで
月数万円のプラスになるわけです。チップももちろんそう。
そこは税金かからないので、チップとサービスチャージで
生活成り立っているといっても過言ではない。。。
なので仕事探しする際、もし飲食店で働く人はサービスチャージをもらえるかどうか、
確認した方がいいかも!これ、後々、大きく響いてきます。
ちなみに全部こっちの飲食店の話で、
こっちの日本食レストランとかの仕組み、全く分かりません・・・。

じゃあみんなその物価の高い・賃金の安いイギリスでどう生活してるの!?
って疑問が湧くやん? それな、、、、、私もめっちゃ不思議やねんw
でもこっち来て思ったのは、私も日本にいた時よりお金使ってないってこと。
そこまで切り詰めた生活してたわけでもないけども、一番大きいのは
イギリス全体的に外食の文化があまり無いってことかな。
日本ではほぼ毎日外食してた私もこっちではあんまりしてない。
あんま特別行きたいお店もないしな、、、そない・・・。

そしてこっちの友達を見てて思った事はみんな貯金してない。
あと、服買ってない!w ←これ無理やろ!?ほんまに無理やで!
まじで全く買ってないとは言わんけどショッピングにかける金額ランキングをもし
算出するとすれば日本とイギリスの差はすごいと思うよ。
それに思うのが、未だに一人も毎月ネイルサロンに行ってるような
人には出会った事ないね、こっちで!まつげエクステンションはもはや必要なし。
レーザー脱毛で何十万使ってる人も知りません。(だいたいワックス処理!)
化粧品にかけるお金も確実に日本女子より低いと思う!(化粧も薄め、顔濃いもんね)
それ我慢してるというかあんまりそういう意識がないんやと思う。
日本で当たり前のように使ってたこういう自分にかけるお金を
こっちの人はほぼかけてないかなー。

だからたまにこっちで日本人の人に会うと『今までこんな貧乏した事ないー』って!
そうやねん、裕福な国やねん、日本って! それに第一条件として
実家暮らししてる人がまあおらんからね、こっち。
日本で実家暮らし(家にお金いれず、なんならただ飯をママンに作ってもらってた場合)
物価どうのこうのに関わらず、少なくと日本の実家暮らしよりも
マイナス5万円ほどの給料で生活しなあかんっていうのは、当たり前の話よね。

それだけでも苦しいのに、さっき話してた給料が安い件。
特にこっちで活かせるスキルやキャリア、語学力、資格が何もない場合、
本当に仕事探しは簡単ではないし、就職できたところで、給料は日本以下を
想定してた方がいいと思います。
(でも逆に美容師さんはロンドンでかなりの需要があるので、
給料もまあそこそこもらってるんかな?知らんけど・・・)

ちなみに今自分の働いてるバーでブログ書いてるねんけど(←おいw)
今日のこの最中も数人の人が『求人募集してないですか?』CV(履歴書)持ってきたよ。
日本のようにいくら以上の給料から選ぶ・・・ってレベルじゃなく
とりあえず仕事必要って人が凄い多いっていうのが分かる。

でもこっちの仕事の環境は日本のあのストレス満載な環境で働いてた人間からしたら
ほんまにかなりリラックスで簡単やと思う。みんなできるだけ楽な方法を
編み出す事に力を注いでるというか、基本的に定時に帰るのは当たり前。
サービス残業なんて1分でもせーへんのちゃう、、、、
私もそれにはすごい賛成。例えば、有給休暇をとれへん日本人すごい多いやん。
理由は他の人とってないから。定時に帰らへんのも、同じ理由。
上司がまだ仕事してるから・・・とか。。。。
そういう無駄なストレスも意味のない気の使い方も一切こっちはないので
私はそれはほんまにいい文化と思う。仕事ちゃんとできる人間は絶対に定時で帰るべき。
それまでに仕事をちゃんと終わらせる事が一番大切やん。
もう会議で上司が言ってる事全てメモ取るとか、
そういう真剣に仕事取り組んでますアピールいらんねん!だいたいめちゃ大事な事
上司が言ってんやったら覚えてるやろ、メモとらんでも、、、。
そういう建前のプレッシャー、こっちはほんまにないと思う。

と、話は逸れましたが、じゃあ、実際仕事はこっちでどうやって探すのか、
どうやってアピールするのか、そもそもこっちで好きな仕事できるのか、
っていうか、こんな給料少ないのにわざわざイギリスに来る意味あるんか、、、、
なんやったら人生楽しむ為にお金は必要なのか。。。。。。
っていうのは2章で話ます。w

イギリスに来る予定のない人からしてみたら絶対に参考にならん情報かもやけど、
絶対にブチ当たる壁でしょ、お金と仕事の問題って、どこに住んでようが。
それを本気で考えるっていうのもたまにはいいやん。っていう自己満記事、
続けて2章目書きます。

応援のワンクリックお願いします!





キーワード;イギリス ワーホリ ワーキングホリデー 海外移住 ロンドン 仕事



2013/02/20

FINSK×SABOYE

こないだ私がインターンしてたFINSKのPressパーティーに行ってきました。
雪降ってたので最後の最後の瞬間までほんまに行くか迷ったけど
色んな人に会えて行って良かった! 
一緒に働いてた、、、というか今も働いてるみんな、ほんまにみんないい子!
当分ファッションの仕事する機会多分ないけど、将来何かしら仕事で絡めたらいいな〜。

FINSKの新しいコレクションはもちろん素敵でしたー!
私は前にももちろん見た事あったけど、ShoreditchにあるオサレブティックSABOYE
ほんとぴったり!やっぱり、民族テイストとフューチャリスティックのMIXが
昔からすきやw

AMAZING collection Finsk 2013SS!!!!!
Perfectly fit in epic boutique SABOYE. I had a really great night.
Took few pictures and took so many champagnes,,,,,
anyway MANY THANKS for inviting me, and was lovely to see you guys, Jess, Ly Sarah!!!!!

I wanna show Finsk new collection to everyone ,
so let me pick some of beautiful pictures by by Kieran Pharaoh





























応援のワンクリックをお願いします!!!

2013/02/18

Diango unchained

タランティーノの最新作!
多分彼の映画史上最高傑作かも、、、って前評判を聞いてみてみたら、、、、
産まれて初めて本気でゲロ吐きそうになりました。
別にグロいのはいつも通りやけど、今回はグロさがどうのこうのっていうんじゃなくて
もうな、、、もうそこまでしやんでもええやん〜みたいな。。。。

10代の頃とかはバイオレンスムービーがすごい好きで
色々見てきたけど、もう年やわ。。。というか繊細すぎて見られへん。
グロいのは見れるけど、精神的に辛いのが見られへんようになってきてる・・・・・

銃で人の体バンバン撃ったり、血飛び出たり内蔵飛び出たりとか
全然何も思わんけど、この映画は黒人が奴隷やった時代をテーマにしてるだけあって、
KILL BILLとかイングロリアスバスターズとかの爽快なバイオレンスシーンというより
まじで辛い!痛い!ひどい!の連続で、早くこの映画終わらんかなって思ってました。

でも矛盾してるかもしらんけど、映画じたいはほんまによくできた映画で
見る価値は絶対にあると思う。日本は3月から公開みたいなんで是非見てみて〜。

サミュエルLジャクソンがええ味出してる!!!
にしてもタランティーノ、、、絶対気狂ってるわ。。。。






と、久々の映画レビューでした!

【解説】
クエンティン・タランティーノが監督・脚本を手がけるウェスタン。南北戦争直前の1858年、アメリカ南部。黒人奴隷として売りに出されたジャンゴは、元歯科医の賞金稼ぎでキング・シュルツと名乗るドイツ人に買われる。差別主義を嫌うシュルツはジャンゴに自由を与え、賞金稼ぎとしての生き方を教える。ジャンゴには生き別れになったブルームヒルダという妻がおり、2人は賞金を稼ぎながら彼女の行方を追うが、やがて残忍な領主として名高いカルビン・キャンディのもとにブルームヒルダがいるということがわかり……。タランティーノと初タッグとなるレオナルド・ディカプリオが、極悪人キャンディを演じる。主人公ジャンゴにジェイミー・フォックス、ジャンゴと行動をともにするシュルツは「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ワルツ。

応援のワンクリックお願いします!!!


2013/02/08

Horrible January has gone!

やっと、やっと1月が終わったよ!前からイギリスの1月は最低!
みんなお金ないし、パーティーもあんまないし、寒いし、、、、って
ひどいひどいとは聞いてたけど、べつにそんなん気にしてなかった私。
で〜も〜、もともとLondonがあんまり好きじゃない事も重なって
まんまと1月病にかかってしまいました。 ココで産まれ育ったイギリス人も含めて
会う人会う人ほんとみんな落ちてて、私も一瞬相当落ち込んでました。
日本の五月病みたいな感じやけど、比じゃないくらいひどかった、、、、

でもとにかく終わったんだよー1月は!
2月になった瞬間行きたかったAMSTERDAMにも行ったし、
これからよくなってくはず!もちろんまだまだ寒いけどね、、、、

そんな魔の1月の最後の週末・・・実は予想外にも晴れた!
いや、、、曇りやで、でもイギリスでは雨降ってさえなければ晴れって呼ぶ事に
してるからな。じゃないと一生完璧な天気ないもん。
ってことで晴れの土曜日をどう過ごそうか、、、と思っていたら
同じBARで働くMichelleがColombia RoadにあるCAKE HOLEというお店に
クリームティーをしに連れていってくれましたー!
クリームティーはアフタヌーンティー的なイギリスの伝統で紅茶とスコーンとクリーム
のセット。これが食文化がクソなイギリスには珍しく超美味しいの!
(ここは英語に訳されへんw)

この通りは毎週日曜日、有名なフラワーマーケットがあるよ!
でも違う曜日に行くのもオススメ!人少ないし、色んな可愛いお店があります。
私の住む所からもかなり近い!

Apparently, January in England is horrible and depressing. Lots of people told me that before.
Its just like "May-blues" in Japan. But January-blues in here is much more powerful.
I never expected that would bother me, but I found its totally true. I was struggling with this.
I dont really know what is wrong, just very very down.
Everyone i meet looks very depressing and miserable so I am.

But It has gone already, now its February and new life has just started!
Ive just came back from Amsterdam. was great trip, will post about this later.

Anyway, last weekend in January, Surprisingly and amazingly it was really good weather, 
well,,, i mean of cause still really cold and changing color of the sky every minutes 
but not raining, not really grey either. 
I decided that I call "Sunny" or "good weather" as long as not raining, 
even its not perfect weather like California or somewhere. 
Otherwise we can not have much SUNNY days here.

So how can I spend great rare sunny weekend,,,,,, 
Michelle took me to have cream tea , the cafe is called CAKE HALL
on Colombia road where have flower market on every Sunday.
We went to there on Saturday, actually better as less people.

Cream tea,,, Such a nice English tea culture! yum yum



Vintage Heavenっていうアンティーク食器のお店の奥にCAKE HOLEがあるよー!

You can find CAKE HOLE though the cute vintage tea table wear shop called Vintage Heaven















そしてなんと、サプライズ!次の日(日曜日)も晴れた!
なんかこっちに来てからずっと体調が優れなくて、特にここ2ヶ月ぐらい
ずっと咳とクシャミの風邪ひきで、その体調不良も私の落ち込みに
拍車をかけててんけど、やっぱ晴れはいいね!気持ちも軽くなるわ。
ほんで忙しい私らには珍しく、家族同然のフラットメイトDAVIDEとAIALAも
家に居たので一緒にBorough marketに行く事に!ま、閉まってたけどね!!!!
毎週土曜日らしいw でもパブでお酒飲んでるだけでいいねん〜
そういう時間が大事。ま、いつも通りやけどなw

AND! Surprise! next day, Sunday was sunny as well! How lovely.
I got permanent flue here, somehow, I have had  cold, cough, sneeze all the time last 2 month.
Hope its not London allergy...
So, even sunny day, i have these evil symptom ,but good weather made me feel bit better.
Specially because i went out with my lovely flat mates! Aiala and Davide, they are my family now.
Even Borough market which is why we went out for was closed, shit its ONLY on Saturday.
So we just decided to have some beer and mulled wine somewhere, perfect Sunday!















Im on the Japanese Blog Ranking.  Please Click it↓
応援のワンクリックお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...